ブラジルの専門家のチームは、森林火災の際に失った亀のために
世界初の人工器官の3Dプリントの甲羅を設計しました。
2

森林火災を生き残ったのは幸運だったが、それが原因で重度の火傷にフレディの甲羅の85%を失ったのだ。 情熱的な獣医によって臨死発見されました。保護された時に『エルム街の悪夢』からとって「フレディ」と名付けられたそうだ。

3

彼らはフレディを見つけたとき、亀のための3D甲羅を設計したかった。そこで、健康的な亀の甲羅と、自分の個人的な経験からの画像ータを用いて動物のための世界初の3Dプリントの甲羅の構築に着手しました。獣医師、3Dデザイナー、地元の芸術家の助けを借りて何とか構築することができたのだ。

4

最後に画家によって描かれた甲羅は、野生で見つかった他のカメとほとんど見分けがつかないくらい。今回3D印刷された甲羅の成功は、獣医学の新しい時代への扉を開いたのだ。数多くいる不自由な生き物のためにさらなる開発が進むことを願う!

続きはこちらからどうぞ ↓ ↓

新規コメントの書き込み