体に穴

人間誰しも人には言えない悩みを抱えています。
多くの人は家庭事象、自分の持つ病気のことなどを隠しておきたいもの。
自分に非がないことでも、口に出すことは恥ずかしいと感じてしまう人がほとんどではな­いでしょうか。
そんな誰も恥ずかしいと思うものを隠すことなく、世に公表した一人の女性の行動が世界­的に賞賛を浴びています。

 

体に穴をあけた22歳の女性

彼女の名前はクリスタルミラー。一見どこにでもいる健康的な若い女性です。

しかし、彼女は辛い病気と闘いながら生きていたのです。

彼女はわずか15歳のとき、クローン病と診断されました。

クローン病とは胃から腸にかけて急速に進行する病気で慢性的な胃通、下痢

ひどい痛みを伴う排便といっ症状を引き起こします。

この病気の原因はまだ特定されていませんが免疫系の病気日常的に大きな支障を与えるのです。

彼女はこの病気患ってからは毎日が生き地獄のように感じられたと語ります。

15時間の睡眠をとった後でも取れないほどの慢性的な疲労感にいつもなやまされたそうです。

外に外出するときは特に気をつけなければなりません。

「事故」が起こってしまうのではないかとビクビクして何度もトイレに行かねばならなかったのです。

続きはこちらからどうぞ ↓ ↓

新規コメントの書き込み